輸入ビジネス3.0 
個人で稼ぐ力
マインドセット

ネットビジネスのメンター(指導者)は最短で結果をつかむ道しるべ

あなたがこれからネットビジネスを始めよう!

そう思った時にそのネットビジネスのゴールはどうやって到達するのだろうか?

もしかするとネットビジネスの断片的な知識はあるかもしれません。

しかしそれをどのように、どういった道順を辿っていけば成功するのか。

きっとそういったお悩みは必ずあるはずですね。

その時に必要となってくるのが「メンター」すなわちあなたの指導者です。

僕も副業としてネットビジネスを始めた時はまさにそんな状況からのスタートでした。

ここでは、メンターの必要性についてお話しを進めてまいります。

メンターとはゴールに導く指導者

ネットビジネスをやる上で、指導者であるメンターはすなわちあなたの師匠のようなものです。

あなたが最短で結果を求めるならば、なくてはならない大事な存在でしょう。

実際僕がネットビジネスを始めた頃、最初はひたすら情報を集めまくりそして稼ぐことができた系の教材を買い漁りました。懐かしくもありでもとても苦い思い出でもあります。

最初はほんとうにこれで稼げるのだろうか?と思いながらアフィリエイトの商材を半信半疑で購入していたので、比較的安価なものを購入していました。

その情報商材はいま思っても決してインチキなでたらめな物ではありませんでした。実際にその商材を購入することで結果を出していた人もいたと思います。

しかし、結果的に稼ぐことは出来ませんでした。

そうすると今度はこんなことを考えます。『もっと高価な教材にはきっと稼げる情報があるのかもしれない』危険なループです笑。今の自分はこの当時のことを俯瞰で見ることができるので「違う」ということは理解しています。

でも当時は違ったのですね。間違った方向へとひたすら向かっていました。

もっと高価な情報商材に稼いで成功している自分を投影してしまい、また別のさらに高価な商材を購入して自分一人で独学でマスターしようと来る日も来る日も試みていました。

このような現象はよく料理に例えられます。

例えば有名な料理人、あるいは有名じゃなかったとしてもとても美味しい料理を作る料理人が出版した料理本。これを素人さんが毎日一生懸命頑張って料理をしたとします。

その本を買って実践した人みんなが同じレベルの美味しい料理が出来上がるかといったら、決してそんなわけがありません。料理本を見て再現性高い料理はなかなかできないのが現実でしょう。

怒られますが私の妻もおおよそそんな感じです。

ですが以前、妻がアルファベット3文字の有名なクッキングスタジオに入会したことがありました。そこでは教室に通い実際に料理の先生に習っていました。

たしか基礎コースで6万円弱程度の受講料だったと思います。

でもそれだけのお支払いをしただけあって、そこで習った料理は手前味噌にはなっちゃいますがなかなかのお味のものを食卓に出してくれました。

料理教室に通う前とは作るメニューも明らかにテイストの違うもので、それはいい意味で僕の期待を裏切るものでした。

話しがちょっと料理にそれてしまいましたが、ネットビジネスもそうですしスポーツでも目標に最短で進むには独学で突き進むのではなく、やはり誰かに教えてもらい学ぶ。ということが遠回りせずにゴールに到達する方法です。

例えばプロ野球選手の場合、自分独りで独学でスキルを学び成功をつかみ取ったわけではありません。

打撃コーチ、ピッチングコーチ、走塁コーチ、そして監督。

そういった指導者からひとつひとつ教えを受けて学び、そして成功をつかんでいるわけですね。

学校や塾に通うのもそうですね。

仮に毎日学校に行って、授業がなく毎日自習ばかりだとしたら決して学力は上がることはゼロとは言わないまでも、スキルアップは難しいことになります。

なのでどんな分野にせよ、あなたが新しいことを学ぶ場合に指導者や先生は必要不可欠な存在ということになります。