輸入ビジネス3.0 
個人で稼ぐ力
マインドセット

マインドブロックと足かせ

こんにちは!ゆうとです。

ネットビジネスをやっていくにつれて、とてもすごい稼ぎ方をする成功者といえる方々の華々しい実績がどうしても目に入ってくる。

自分もそこに向かって日々作業をし、ひたすら少しでも近づきたいと前へ進むのだが同時に『彼らは特別な才能の持ち主なんではないか?』『もともと父親が経営者だったりして生まれながらの家庭環境に恵まれたスタートだったんじゃないか?』

『学生時代ハンパない高偏差値を叩き出してそもそも勉強が得意な人種なのでは?』

もしそうだとしたら勝ち目はないんじゃないか・・・と諦めの心境になることがあります。

どれだけ目標に向かって毎日行動を繰り返していたとしても、潜在意識の中でそれがマイナスに働く思考パターンの方がより強ければその恐怖や不安要素でなかなか前に進めないことがあったりします。これが『マインドブロック』です。

この厄介な『マインドブロック』は、成功へ向かって努力をしていたとしても道を邪魔される危険な要因になりうるのです。

マインドブロックと足枷(あしかせ)

このマインドブロックは日常のいろんな場面で悪影響をおよぼします。

いちばん身近なところだと職場での仕事、何かの資格を勉強する場合、学生であれば勉強、あとは恋愛などもそうですね。

チャレンジして実際に行動を起こしてやってみたら出来るのに、本人は出来ないと思い込んでしまっている人がたくさんこの世の中には存在するということ。

古い例え話でとても有名なサーカスの像のお話というのがあります。

この話を知った時、像に感情移入してなんだかとても切ない気持ちになったことを思い出します。でもこれを人間に置き換えて考えたらとっても恐ろしい話だとも感じたわけで。

サーカスにいる鎖につながれた像のお話し。

サーカスを観に行った少年が鎖に繋がれた像を見てある日疑問を持つわけです。

像は太い鎖に繋がれてはいるものの、像が本気で引っ張れば鎖を繋いでいる杭なんか一発で引き抜くことは簡単に出来るのに・・・なんで逃げないんだろう?

少年は親にその疑問をぶつけてみたものの、納得のいく答えをもらえませんでした。

疑問が解消されなかった少年はこんどは学校の科学の先生に同じ質問を投げかけてみます。

先生の答えは『そういう風に訓練されているから逃げないんだ。』

そしてどのように訓練をされて像が逃げないかを知ります。

赤ちゃん像の頃に鎖に繋がれた像は、怒られたり、傷ついたりしながら鎖から逃れようと必死に抵抗します。そのうちに逃げることを諦めます。

そして像が成長し自分の身体が巨大な像となって力が強いにもかかわらず、どんなにもがいても鎖が取れなかった赤ちゃん像時代のことをはっきり覚えているのです。

そしていつしか、自分の力で鎖をひきちぎり逃げることができるのに、その努力すら諦めてやらなくなるのです。

これが人間にも置き換えることができる話なのですね。

本当は「出来る」のに「出来ない」と思い込んでしまっているのです。

どうせ無理というマインドブロック

僕の家庭はごく平凡な一般的なサラリーマン家庭で育ちました。

小学校・中学校とごく一般的なサラリーマン家庭の多い地区の学校だったと思います。

そんな我が家は、親も型破りというよりは危ない橋は絶対に渡りません。

といった思考が強かったように思います。なのでいつも『ああいう人は特別な人なの』という教えの為か何かに挑戦する前にたぶん無理でしょう。という思考が根付いていたのかもしれません。

これがまさにマインドブロックであり、普通の人生、平凡な人生が正と思い込んでいたと思います。挑戦といえることはあまりしなかったかもしれませんね。

では、どうすればマインドブロックを解除できるのか?

別記事でお話ししていきましょう。